「春の日差しの中で」 解説

まず「本」を作ります。
本の作成
「本」の作り方については
「Shade Professional 3Dスーパーテクニック」の
96ページから105ページまでを参照してください。

次に本の右ページ(の上面)をコピーし、Y軸方向に「1」移動します。
それを縦横にポイントを追加して、挿絵の大きさになるように外側の線形状を削除します。
その形状を「挿絵」と名づけました。
右ページの一部を「挿絵」とする
「挿絵」に下の2つ画像をマッピングします。左の画像は「イメージ-拡散反射」
右の画像は「イメージ-トリム」。

枯葉(表)枯葉(ネガ)

左の「枯葉(表)」をペイントショップで開いて、「カラー」→「調整」→「2階調化」し、
「カラー」→「ネガティブ」して、右の画像を作成。

次に「挿絵」を同位置コピーし、
下の画像を「イメージ-バンプ」に加え、
「枯葉1」と名づける。
つまり「枯葉1」には「イメージ-拡散反射」「イメージ-トリム」「イメージ-バンプ」の
3つのマッピングがほどこされたわけです。
枯葉(バンプ)
この画像は上の「枯葉(表)」の上にレイヤーを新規作成し、
そのレイヤーに「葉脈」のようなものを描き入れて、元絵を削除し、
(そのレイヤーのみ)名前を付けて保存する。

その後「枯葉1」を同位置コピーし、「枯葉2−1」と名づけ、
頭部分を持ち上げる。
枯葉が持ち上がる
次に「枯葉2−1」を同位置コピーし、「枯葉2−2」と名づけ、
反対側を持ち上げる。
もう一方も持ち上がる

結果的に次の4つの形状を作成した。
「挿絵」「枯葉1」「枯葉2−1」「枯葉2−2」
この4つを変形ジョイントに入れて、その変形ジョイントごと
直線ジョイントで上方に移動する。

というわけで複雑な枯葉の形状をモデリングする必要もなく
虫食いの穴まで再現してくれるので、とっても助かります。

なお、左ページは、
Shadeチュートリアルの211ページのPDFを
キャプチャして、マッピングさせていただきました。



「春の日差しの中でU」解説

ページの動きは変形ジョイントです。
9つの形状を作りました。
ページの作成
真ん中の立ったページ(5番目)からマッピングが変わります。
うまくバレナイ位置から見ているんです。
こんなぐあいです。
(ここではわざと変形ジョイントから出してみました。)


枯葉が挿絵の中から持ち上がって浮き上がるのは
「春の日差しの中で」と同じです。

その後、飛び去るのは回転ジョイントです。
(右上の円が回転ジョイントです。)
(左下の黒い網目が枯葉部分です。)
回転ジョイントで飛んでけー。



トップページにもどる